読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road to be Agile

"be Agile" でありたいと自分自身にコミットするよ

kanazawa.rb meetup #7 にて平鍋さんに講演してもらった話 #kzrb

昨日の勉強会で、ねんがんのアイスソードを(ry 

表題にある通りなのですがアジャイルソフトウェア開発の文脈で日本を代表する方をお招きしてお話しして頂きました

 

これはたぶん野球の世界を参考にしたら、イチロー選手を自分のチームに招いたようなものなので、文脈的には自分はホモリンのようなものか

 

と言うわけで、当日の資料などは平鍋さんのブログで紹介されていますので、そちらを参照してもらうことにして、今回は、なんでそんなことになったのよ?を書き殴ろうと思います

 

f:id:libero18:20130331145033j:plain

 

全てのキッカケは単純にひとつ前のエントリなどで書いたことなんだけど、せっかくできたいろんな人との縁をできるだけ大切にしようとして継続的にいろんなことを積み重ねてきたら、1年前のエントリで書いてた2012年のアジャイルジャパンで、控え室に居た平鍋さんとお会いする機会ができました

 

その時、アジャイルサムライの原著者ジョナサン氏を含む数名と写真を撮ることになったのですが、なんと平鍋さんを撮影者にすると言う・・・

 

そんななんやかんや楽しい思い出があった場から、TwitterFacebookなどで繋がる機会ができました まあ、Twitterなどで話したりしてるのはアジャイルのこと関係なくて、ラーメンの話だったりするんですけど・・・・w

 

その後、平鍋さんがご著書のレビューアを募集してたので

 

f:id:libero18:20130331145114j:plain

 

と手を挙げたことがあって、最初は人数の関係で1度お断りされましたが、せっかくの機会なので参加できるようにご配慮頂きました

 

後は、お隣の県に在住されていることもありまして、お忙しい中でもご予定を調整頂くことができ、昨日の勉強会が開催されるに至ったのですが、参加者の反応を見ると笑顔が溢れているとか、自分が本当に良いと感じている価値観に触れてそれに共感して頂くことができたとか、

今はとにかく、参加された方々に多くの価値を提供することに繋がって良かったと言う安心感と、周囲をインスパイアできるリーダーって凄いね・・・と言った感想で胸がいっぱいです 自分が残念な子なので、上手く表現できていないんですけどね

 

まあ、今回はイベント性が高かったこともあって、直前になってキャンセルが多数発生するなど残念な体験(普段は1名キャンセルするかしないかくらいで、キャンセルの発生自体が珍しいのです)も致しましたが、コミュニティ活動をやるならいつかは経験することなので、

先ずは大きな失敗に繋がることなく、それを体験できたことを+に変えることができるように、これからの活動に繋げていくうえで大切なフィードバックのひとつとして、参加者のみなさんだけでなく、キャンセル者のみなさんにも感謝することを心がけていこうと思います